異性間の人間関係の構築は大切

男性ばかりの職場に女性がいたり、会社によっては女性と男性の数がほぼ半数だったりと、女性の社会進出は目覚ましいものがあります。また、今の若い女性だと結婚願望というものがないのか結婚年齢がどんどん遅くなっていることも事実です。そういった理由もあって、働く女性が増えてきているのだと思います。女性が活躍することで、考え方や発想の違いからいままでとは違ったアイデアなどが産まれることもあります。女性の活躍は期待されていると言ってもいいと思います。

しかし、女性にもいろんなタイプの人がいますから、上司が男性で部下が女性だと言葉の掛け方や対応などは慎重にならなくてはいけない場面もあると思います。子どもはいつ産むの?彼氏はいるの?と言った言葉掛けをセクハラと受け取ってしまう女性も多いようです。報道番組の中で、国会で子供はいつ産むの?という女性議員が男性議員からかけられた言葉をセクハラと言っていたぐらいなので、世間にはそんな風に認知されているのだと知りました。会社内でうまく人間関係が構築されているならば、そういった話でもあまり気にならないかもしれません。しかし、そういったことをあまり気にしない私でも、あまり話をしたことがないような人や、人間関係がうまく構築されていない人からそういった言葉を掛けられたら、気持ち悪い、と思ってしまうかもしれません。女性同士なら彼氏は?子供は?と言った会話はセクハラとはなりません。異性間ではそれが通用しないとあって、人間関係の構築はとても大切なものだと感じます。部下との人間関係の築き方に悩んでいる人は<女性部下の取扱説明書>を読まれると、いいヒントが見つかるかもしれません。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です